四海鏡

漫画と音楽と妖怪とトマトジュースが好きです。

服部昇大『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』絶賛発売中!

課長の女神イサス

先日、『騎士団長 島耕作』の連載が発表され、大きく話題になっていたようですが。

異世界転生の原点のひとつとして、ここは「火星の島耕作」を……あるいは逆に「課長ジョン・カーター」なんて、どうですかね(なにが?)。
Amazon.co.jp | エドガー・ライス・バローズ『火星のプリンセス -合本版・火星シリーズ 第1集-』

まあでも、エドガー・ライス・バローズの英雄譚というか冒険・探検物語には、島耕作は普通に適応しそうな気がします。
逆に島耕作の持つスキルでは適応できなそう(活躍できなそう)な世界観のSFだと……アイザック・アシモフの作品群なんかは、そんな感じでしょうか?

「われは島耕作」「島耕作来る」「島耕作買います 」「はだかの島耕作」「夜明けの島耕作」「島耕作対帝国」「ミクロの島耕作」「島耕作NDR114」

……タイトルは面白そうですけどね。

「夜明けの島耕作」では、ソラリアからオーロラに移住してきたスペーサー(宇宙族)の女性とR・島耕作の濃厚なベッドシーンなどが描かれるのでしょう。なんのこっちゃ。
Amazon.co.jp | アイザック・アシモフ『夜明けのロボット』上

とはいえ、島耕作の最終形態が騎士団長でも火星の大元帥でも心理歴史学でもなく、なんと「教祖 島耕作」であることは、石ノ森先生の隠れた名作『黒大黒』を読めば、明らかなんですけどね。
第1巻では真っ当なビジネスマン漫画だった『黒大黒』、最終2巻の終盤で「究極のビジネスとは宗教である!」……という感じの話になるんですよ。

島耕作の最終形態が「教祖 島耕作」、これは宇宙の真理。定説です!!!!(激しく自分の頭をシャクティパットしながら)
Amazon.co.jp | 石ノ森章太郎『黒大黒』第2巻


ところで、キングダムハーツの新作に、ちゃんとジョン・カーターはディズニーワールドの一員として登場しているのでしょうか……?
ジョン・カーター救う会 日本支部」のメンバーとして、とても気になります。心配です><

体が変わる緑色 燃える怒りの紅い色

仮面ライダーアマゾンデルモンテのトマトジュースは似ている。

Amazon.co.jp | 『仮面ライダー昭和 vol.5 仮面ライダーアマゾン』
Amazon.co.jp | デルモンテ トマトジュース 190g×30本
そう、主に色が……。

ガイガン山崎さんの正義(ブログ移転先)は何処にあるんですかッ!

あの恐れていたガイガン山崎さんのブログ復活宣言から、はや3年……。
ugs02.hateblo.jp

時は平成末期――。

FC2ブログ「怪獣人生別館」で、××や△△や◎◎(ガイガン山崎さんが社会的に死ぬ可能性があるため、誠に残念ですが全て伏せさせていただきます)への壮絶な憎悪と嘲笑を書きまくり、あと文中で「ド━(゚Д゚)━ン!!!」とか「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」とか「∩( ・ω・)∩」(←※これが特に多かった)の顔文字を使いまくっていたガイガン山崎さんも、もはや文化庁のサイトに寄稿するような文化人となりました。

文化庁のサイトに掲載された真面目な文章のなかからは、もうガイガン山崎さんによる懐かしの顔文字を見つけることはできません……。


そして、そんなタイミングで、はてなダイアリーが消滅!

これは2008年の8月13日に「……冷たいFC2の連中よりも、いがいにやさしいはてなダイアラーたちと楽しくやっていくんだ」という名言とともに、FC2ブログからはてなダイアリーに移行した山崎さんのブログ、旧「大超獣ブログ」こと、3年前に復活した「大怪獣まんだら」も、きっとそのまま消えてしまうことでしょう。

続きを読む

石ノ森章太郎デジタル大全 第1巻0円セールで幻魔大戦シリーズを読もう!

もう終了予定日まで一週間を切ってしまいましたが……。
石ノ森章太郎生誕80周年記念の一環で、講談社から電子書籍石ノ森章太郎デジタル大全」としてリリースされてる作品群の第1巻が、来月2月1日(木)まで、なんとオール0円!
……0円って! 無料だよ! タダだよ、タダ!

Amazon.co.jp | 石ノ森章太郎生誕80周年 石ノ森章太郎デジタル大全 第1巻無料キャンペーン

『009ノ1』『番長惑星』『流れ星五十三次』『ブルーゾーン』『さんだらぼっち』『仮面ライダーBlack』『HOTELチョンマゲ版 HATAGO<旅籠>』も、第1巻は全てタダですよ、奥さん!
(石ノ森先生の代表作というよりかは、個人的に好きな作品のタイトルをあげさせていただいております)

続きを読む

「筒井康隆は変質した」とは

ちょっと前、SF小説家の山本弘さんが、昨年の春ぐらいに炎上していた筒井康隆先生の日記における慰安婦像についての記述について記事を書いていて、なんで今ごろ……? と思ったんだけど、別に筒井先生の記述の問題そのものについて論じているというわけではなく、それをキッカケに「読んで欲しい筒井作品」を紹介するといった内容だったのでした。
shimirubon.jp

いつもの山本弘さんの、好きなものを紹介する時にノリにノッている感じが出た記事で、楽しく読めはしたんですけども。
マクラに使っている筒井先生の問題となった慰安婦像に関する記述の際、ネットで起こった「筒井康隆は変質した」的なコメントに対しての、山本弘さんの「何言ってんだ! 筒井さんは昔からずっと不謹慎だよ!」と返し方はですね、もう少し「変質」というものについて考えても良いんじゃないかと思いました。
(いや、それが記事の本筋じゃないのは重々承知していますが)

山本弘さんは筒井先生の炎上時に起こったネット上でのコメントの例として、「筒井康隆は変質した」的なものと同時に、「あんな不謹慎なことを言う作家だとは思わなかった」みたいなテイストの発言もあげられていまして。
確かに、そんな無知蒙昧の輩に対しては、まったくもって「何言ってんだ! 筒井さんは昔からずっと不謹慎だよ!」という返しで十分だと思います。無知蒙昧とは、お前らのことだぁぁぁぁ〜!!!!(デビュー初期の大槻ケンヂの完璧なモノマネで)
Amazon.co.jp | 筋肉少女帯『筋少の大車輪』

続きを読む