四海鏡

漫画と音楽と妖怪とトマトジュースが好きです。

服部昇大『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』絶賛発売中!

服部昇大 × 漢 a.k.a. GAMI × DJ BAKUのサイン色紙が当たるらしいよ

皆さん、日本語ラップのヘッズたちからも、少女漫画愛好家たちからも、超絶大好評の『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』の単行本、もう購入されましたか?
まあ日本語ラップと少女漫画が好きなのに、まだ『美ー子ちゃん』を購入していない人類など存在しないということは、学会でも認められた定説ですので、本来的にはこのような問いは意味をなさないはずなのですが……時に現実は常識をも超えてしまうことがあるのです。

『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』、あまりの好評ぶりに、なんと発売からたった数日でAmazon都心部の一部書店では品切れを起こしてしまっているとのこと! これじゃあ当然ながら買おうと思ってた人も、物理的に買うことが出来ない状態が発生してしまう!!!!
版元サイドでも補充は頑張っているものの、そもそも取次会社にも在庫があまり残っておらず(じゅ、重版してくれ……)、まだまだ行き届いてはいない状態らしいです。
「話題になってるからAmazonで注文してみようかな~」と考えていた方々も多いでしょうが、11月3日現在でも、まだAmazonではマーケットプライスにて中古商品のみの取り扱いのようですね……。F××K!!!!

Amazon.co.jp | 服部昇大『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』

続きを読む

『美ー子ちゃん』、本日“新宿スタイル”の洗礼を受ける!?

昨夜は短い時間でしたが、J-WABEのラジオ番組「AVALON」さんへの服部昇大先生の出演&『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』発売告知トークを聴いてくださった皆さま、ありがとうございました。
初のラジオ出演でのマイフェイバリットソングにYOUNG HASTLEをチョイスする服部先生の“美ー子ちゃん魂”、伝わりましたでしょうか。

自分も見学に行ったのですが、収録時、あっこゴリラさんがカバーイラストで美ー子ちゃんが放っている「ラップが今 日本でもっとも まともな音楽よ」というセリフ(アオリ文句)に対して、まさに「そう、それそれ!」という解釈を示されていて感激しました。

Amazon.co.jp | 服部昇大『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』

ちなみに待ち時間には、J-WABEさんのスタジオが入っている六本木ヒルズのお洒落フロアで、服部先生&シャブ村さんら編集部スタッフと『けものフレンズ』についてのトークなどをしていました。
たつき監督、イルでドープなアニメの原作にピッタリな漫画『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』、今ならまだ空いてますよ!!!!

続きを読む

『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』好評発売中!

2017年9月25日、宝島社より服部昇大『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』が刊行されました。

日本語ラップ愛好家として知られ、音楽フリーペーパーでのディスクレビュー連載も持つ漫画家の服部昇大先生 a.k.a. 六代目 日ペンの美子ちゃん作者が、Twitterで発表して大きく話題を集め、同人誌2冊も続々と完売した日本語ラップ名盤・珍盤のレビューコミック「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」の商業単行本化企画です。
服部先生が出した同人誌版から大幅に描き下ろしを追加しているので(漫画やイラストはもちろん、レビュー漫画の隣に配置されたテキストは、すべて本書のための書き下ろしです)、同人誌版を持ってるヤツに持ってないヤツもたまには買うと思ってたヤツも、間違いなく購入すべき1冊でしょう! 間違いない!

RHYMESTERキングギドラ(KGDR)、スチャダラパー、ANARCHY、田我流、BAD HOP、Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)、漢 a.k.a. GAMI、水曜日のカンパネラDJみそしるとMCごはん、KOHH、YOUNG HASTLE、キエるマキュウ、D.O、ちゃんみな、MIZARRY PSYCHO FREAXXX、TOKONA-Xいとうせいこう……ほか、メジャーシーンからアンダーグラウンドまで、クラシックから最新スタイルまで、幅広いアーティストの作品を取り上げています!

ちなみに帯コメントは、2017年の日本語ラップブームに火を付けた深夜番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)に“ラスボス”として君臨している般若さんから、まさにラスボスからしか送ることのできない素晴らしい一言をいただきました。

続きを読む

「それじゃあ、もし人間が生態系の破壊を続けたら……?」

出身地が米国で、日本で生まれ育ち、実名が「オードリー・希子・ダニエル」の水原希子さん(芸名)の炎上が、なんで一部で通名とか在日特権とかの話になってるのか……?
もし水原さんの母親が、韓国ではなく、別の国をルーツに持つ人であったなら、CMに起用した企業のアカウントに、Twitterで「エセ日本人を使うな」なんて酷いリプが飛んできたか、正直疑問である。

自分は(父母も含め)国籍は日本のはずである。あと父方の江戸中期の先祖は、郷土の義民だという話も聞いている(「会津御蔵入騒動」で検索してね!)。
とは言え、それにしたって曾祖父母より前の家系は具体的に把握してないので(父方の家系図は火事で消失した)、自分に外国の人の血が流れていても不思議じゃないと思えるのだが、ネットで「日本人を使え」と語る人たちは、胸を張って自身を「“純粋な日本人”です!」と言えるもんなのかね。血筋という意味でね。

そういえば母方の祖父は戦争で大陸に行って、帰国までの間、一時的に軍隊でない現地生活も送っていたそうで、その際は中国名を使っていたそうだ。
あと父方の又従姉妹はフランス人と結婚してる(親戚にエスパー魔美が生まれたら報告します)。
けっこうな年齢になるまで、自分の本籍は生まれ暮らしてる神奈川県鎖駕魅波羅市だとばかり思っていたが、遠く離れた南会津だった。
こんな感じなので、自分のルーツに海外があったとしても、まったく不思議じゃないよ。


さて、そもそも“純粋な日本人”とは、具体的にどういうことなのか?

それは当然、古代イスラエルを経て列島にやってきた“イスラエルの失われた10支族”――すなわちムー黄金人の直系子孫あることに疑いを挟む余地はない。

続きを読む

2月27日(土)12時30分からは「阿修羅地獄極楽丸 復活の『F』」!

毎度おなじみ、流浪のイベント阿修羅地獄。
明後日、2月27日(土)に新大久保のネイキッドロフトにて開催される「阿修羅地獄極楽丸 復活の『F』」で、なんともう15回目となります。
15と言ったら、東京ディズニーシーが今年で15周年ですからね。阿修羅地獄も世界のディズニーと並ぶような人気イベントになったということでしょう。『ジョン・カーター』の続編、待ってますよディズニーさん!

そんな記念すべき第15回目のゲストは、漫画家・高遠るい先生と、気鋭の評論家・藤田直哉さん!
サブタイトル「復活の『F』」のFとは、もちろん藤田さんのFです。いったい、藤田さんは何から復活したんでしょうか? 教えて2ちゃんねらー!!!!

続きを読む